ミンサガRTA 聖杯カットチャート改訂版 その5

今回の記事は全てサルーイン戦の解説になります。
基本的な形は旧チャートを踏襲していますが、細かい部分で改善を加え、より効率的に戦えるようになっています。


<編成>

 まずはこちらの編成から。


 ・合成術

グレイ:生命波動      生命波動+集気法+アーマーブレス        BP4
ジャミル:クイックタイム  タイムディシーバー+ブラッドフリーズ+氷幻術 BP28
ホーク:火の鳥       火の鳥+エナジーボルト+サイコブラスト     BP5
アルベルト:クイックタイム

 ホークの火の鳥には、+ヘルファイア+サイコの消費6のものもありますが、連射性能を考えて消費5にしています。


 ・装備

グレイ
 武器:技術強化の妙薬×1 (妙薬を14個以上買っていたらグレイの物を増やす)
 防具:ヘッドバンド 術師のローブ 

ジャミル
 武器:技術強化の妙薬×4

ホーク
 武器:技術強化の妙薬×1 術士の杖 メイジスタッフ 炎のロッド
 防具:バードメット ボーンブレスト アーマーグローブ ロングブーツ プロテクトリング

アルベルト
 武器:技術強化の妙薬×4

シフ
 武器:薬箱 技術強化の妙薬×3
 防具:牙のお守り

 必要な物のみ記載していますので、空いている部分は適当なものを装備しておきます。
 武器欄は固定です。薬の数が足りない場合でも、QT役に4個ずつと、シフに2個以上は必ず持たせます。
 防具は基本的にホークを固めればよいですが、HPが最も高いキャラに攻撃が来やすくなるので、そちらに集中させることで、サルーインソードに耐える可能性を出すことができます。ただし、前列のホークは空閃を受けることになるので、少なくともボーンブレストは装備しておきましょう。
 その他、霊木の杖や腕輪、アメジスト、グラマーリングなど、精神に補正のあるものはグレイに。怪力手袋など腕力に補正のあるものはシフに装備させます。


 ・隊列

 グ:中 ジ:後 ホ:前 ア:後 シ:中

 ロッド補正のホークを前列、波動を連射できるグレイを中列にして囮に。シフは後列でも構いません。


 ・マップアビリティ

 チャート通り進んでいれば変更の必要はありませんが、ステ忍とジャンプが必須です。


 以上の編成を100%達成後に行います。
 変更のタイミングは100%~サルーイン戦直前のどこで行っても構いませんが、私は必ず詩人の語りを聞く直前に行っています。常に同じ場所で行うことで、忘れなくなりますし、ラップタイムが一定になるようにしています。



<戦術>

続いて実際の戦術について。


 ~第1形態~

 サルーイン第1のHPは、アメジスト未回収で8874(回収8787)。これを4~5ターンで削ることになります。
 ターンごとにいくつかのパターンを紹介します。


【1ターン目】

 単体術
 空閃
 サルーインソード

サルーインの行動はこの中から選択されます。

こちらの行動は以下のようになります。(行動指定順に記します)

 ホーク:火の鳥
 グレイ:生命波動
 ジャミル:癒しの水 → ホーク
 シフ:応急手当 → グレイ
 アルベルト:妙薬 → アルベルト

 ・狙われやすいグレイとホークを回復します。
 ・ジャミルを妙薬、アルベルトで癒しの水にした場合、「空閃→空閃」と行動された時に、2ターン目に耐えられなくなります。
 ・ジャミルかシフが死んだ場合、2ターン目にグレイで回復(ジャミルの場合、シフから妙薬を使う)になりますが、アニメートが来たらリセットです。
 ・アルベルトが狙われたらリセットです。


【2ターン目】

 ホーク:火の鳥
 グレイ:生命波動
 シフ:応急手当 → ホーク
 ジャミル:妙薬 → ジャミル
 アルベルト:クイックタイム

 ・1ターン目にホークが死んでいた場合、火の鳥は使えませんので、高速突きをします。一回の高速突きで火の鳥4回分のBPが貯まります。
 ・2ターン目はクイックタイムが入るので、回復はホークのみにしています。
 ・アルベルトが狙われたらリセットです。
 ・ジャミルが狙われた場合リセットでもよいですが、クイックタイムは入るので、3Tにグレイで回復→シフから妙薬、アルベルトが自分に妙薬を使い、4TにWQTをします。
 ・シフが死んだ場合、次ターンにグレイで回復、アルベルトは自分に妙薬を使います。

【3ターン目】

 ホーク:火の鳥
 アルベルト:ウォーターガン
 グレイ:生命波動
 シフ:妙薬 → アルベルト
 ジャミル:QT

 ・第1形態はディフレクトがあるので、シフは攻撃に回らず、薬役にします。
 ・アルベルトはHPが減っている人を回復してもよいですが、愛が低いので回復は次ターンにジャミルで行います。


【4ターン目】

 ホーク:火の鳥
 グレイ:生命波動
 ジャミル:癒しの水 → 誰か
 シフ:妙薬 → ジャミル
 アルベルト:QT

 ・第2形態に向けて、HPの回復をしつつ攻撃します。
 ・運がいいとこのターンで撃破できるので、アルベルトをQTではなく回復にまわしたり、ジャミルを攻撃に回したりします。敵の残りHPに応じて臨機応変に対応します。


【5ターン目】

 シフ:妙薬 → アルベルト
 ホーク:火の鳥
 グレイ:生命波動
 アルベルト:ウォーターガン
 ジャミル:生命波動

 ・第2形態に向けて、QT役2人のBPと、全員のHPを300程度には回復した状態で撃破させます。


ここまでが第1形態になります。
最も注意すべきはQT役の薬の所持数を一致させておくことです。理想は上記のように進んで、「ジャミル3:アルベルト3」の状態で第2形態に進むことですが、シフが狙われた場合、「3:2」になることもありますが、1個差ならば問題ありません。2個差が付いた場合、第2形態の薬の廻し方が面倒になります。



 ~第2形態~

 HPは「30600-第1形態で与えたダメージ」ですので、約20000です。シフの閃きによりますが、9~10ターンでの撃破が基本です。

【1ターン目】

 ホーク:高速突き
 グレイ:生命波動
 シフ:応急手当 → ホーク
 アルベルト:QT
 ジャミル:QT

 ・ここでQT役二人が生存すれば勝ちが確定します。死んだ場合については別掲。
 ・序盤は柱が多いため、ホークはBP温存のために高速突きにしていますが、第1形態で一度も死んでいない場合、火の鳥を使ってしまっても良いです。BPと要相談です。
 ・BP温存と、2ターン目にホークが薬を使う必要性から、ホークへの回復は必ず行います。
 ・アルベルトから先にQTをしていますが、QT役の薬の数が「3:3」の場合、どちらから使っても構いません。ただし、「3:2」になっている場合、必ず「2」の方からQTを使います。これは次ターンにホークの妙薬を使用するためで、「3」の方をホークで回復すると、4ターン目で「3:1」の状況が生まれてしまいます。


【2ターン目】

 ホーク:妙薬 → アルベルト
 グレイ:生命波動
 シフ:パンチ
 アルベルト:ウォーターガン
 ジャミル:QT

 ・ホークのBPを貯めつつ柱を折ります。1ターン目に死んでいなければ、火の鳥8回分のBPが溜まっているので、以降鳥連射になります。
 ・シフはパンチからの閃きを狙います。「稲妻キック」「ジャック・ハマー」「滝登り」「回し蹴り」を閃いたら使っていきます。


【2ターン目 QT役(ジャミル)が死んでいる場合】

 アルベルト:癒しの水 → ジャミル
 ホーク:妙薬 → ジャミル
 グレイ:妙薬 → アルベルト
 シフ:パンチ

 ・ホークの妙薬は通常通り使いますが、グレイの余っている妙薬も使用しリカバリーをします。
 ・3ターン目の行動は1ターン目と同様です。
 ・3ターン目にもQT役が死んでしまった場合も同様にリカバリーしますが、薬の数に余裕がない場合は残念ながら敗色濃厚です。
 

【3ターン目以降】

 ジャミル:妙薬 → ジャミル
 ホーク:火の鳥
 グレイ:生命波動
 シフ:稲妻キック
 アルベルト:QT

 ・以降、このパターンの繰り返しになります。
 ・QT役の薬が足りなくなったら、グレイ(シフ)の余っている薬を使います。
 ・残りHP6~7000程度になったら妙薬は使わなくても大丈夫です。
 ・6ターン目くらいまでにシフがまともな技を閃けなかった場合は、撃破が最優先になりますので、「閃光魔術」や「スピアー」といった無足・加撃が発動する高威力技も使っていくことを推奨します。



 聖杯カットのサルーイン戦は、相手の行動によって複雑化しますし、記載した以外にも様々なパターンが考えられます。聖杯ありの場合とは異なり、ある程度の練習は必須となる部分ですし、ターン数も多いため、本番での実力差(判断・コマンドの速さ)もタイムに影響してくるでしょう。最も意識しておきたいのは「薬の個数」です。誰が何個薬を持っていて、誰の物を使うのが最適かが判断できるようになると、理想パターンから外れた行動をされた際の対応がスムーズに行えます。
 勝率という面では聖杯の有無はあまり関係ありませんが、タイムには大きな差があります。理想パターンでも7分程度はかかるので、聖杯ありに比べて1分ほど遅れます。また、タイムのブレも大きくなります。ですが、ここで遅れてしまうと聖杯カットの効果が薄れてしまいますので、ある程度のタイムと勝率は確保したいところです。まずは薬の流れを把握すること。勝てるようになったら8分台、7分台での撃破を目標に練習すると良いかと思います。


 次回、チャートに書ききれなかったテクニックをオマケとして紹介して、チャート紹介を終了したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sachidq4

Author:sachidq4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR