ミンサガRTA 聖杯カットチャート改訂版 その4

今回は火山終了後、ランク7以降のチャートになります。旧チャートからの大きな変更点として、5人目のメンバーががゲラ=ハからシフに変わっています。シフの有用性については後ほど解説します。

まずはチャートから。


<チャート>

・アルツール
 アイスソードの店の前のおばさんに話す
 アルベルト:ローザリア術法士L2(認定)
 宿
 パブでシフを仲間にする
  ※シフがいなければ、そのままクリスタルシティに行き仲間にする。万が一復活していない場合はゲラハを使用する。

・イスマス
 100%を目指してひたすら狩り。
 ホークのLPが足りなくなるので、途中でノースポイントとアルツールにて雑用しつつ宿回復を入れます。

・ノースポイント
 シフ:修験者L2
 ジャミル:ブラッドフリーズ
 アルベルト:ウインドカッター 弓力倍増 ブラッドフリーズ

・アルツール
 ガラハド殺害
  ※事情を話したあと必ずQS。ホークの素早さが+9(バンダナ ラバソ 翼)になっていることを確認。
 シフ:剣士L1or2(認定)

~100%到達後

・クリスタルシティ
 技術強化の妙薬×13以上を購入
 最終戦に向けた準備を全て行う
  ※次回の記事で解説します

・アルツール
 冥府の語りを聞く

・草原→トマエ火山→冥府
 デスと会話
  ○連打でサルーインの居場所、↑1回で出る

・イスマス→ラストダンジョン
 イスマスブロックを使用できるので、草原から↓2回でゴドンゴを選択(ノースポイントやクリシティでも可)
 イスマス及びイスマス洞窟はステ忍を使って進む
 サルーイン戦前にクイックセーブ


続いて解説へ。


<解説>

1 イスマス狩り

・ランク7の狩りは全てイスマスで行うことになります。主なメリットがこちら。

 敵の密集度
 獣の出現が多い(獣7はランク8相当の進行度が入ります)
 チェーン回避のしやすさ
 洞窟を使っての敵の入れ替え
 街への戻りやすさ


・味方の編成は火山後半から継続します。

 グレイ:生命波動
 ジャミル:サイコブラスト
 ホーク:火の鳥 ※装備を集中させる
 アルベルト:ウェアバスター
 シフ:パンチ

 基本的にはホークの合成火の鳥、低ランクに対してはジャミルのサイコを使ってLPを温存します。アルベルトはBP28以上になっているのであれば、パンチを使ってのHP成長、サンライトアローでの愛の成長を狙うと良いでしょう。
 シフはパンチをしておくことで閃きを狙います。欲しい技は「稲妻キック」。稲妻キックの派生元の「回し蹴り」、派生も威力もある「滝登り」、この3種は閃いたらパンチから切り替えて使用します。以前は適度に行動順に混ぜ、狩り中の閃きを狙っていました。現在は狩りの速度を考え、無理に行動指定してシフを動かす必要はないと考えています。サル戦で閃きを狙うので、イスマスでは動いた時に閃いてくれたらラッキー程度のスタンスです。


・チェーンバトルに注意
 
 ランク7以降のチェーンバトルは、今まで以上に注意が必要になります。
 死角から敵が寄ってくることもあるので、遠い位置から全体の敵の配置を確認し、狩り順のイメージを持っておくとよいでしょう。敵との距離をうまく調整し、2匹以上に感知されないことが重要です。チェーン回避できそうもないときは無理はせず、一旦距離を取ったり、洞窟出入りをしたりします。


・勝てない敵は即逃げ
 出張エンカの中にはまともに戦っても勝てなかったり、時間がかかってしまうものがありますので、引いてしまった場合アルベルトやジャミルを使って逃げます。
 
 魔族
 爬虫類 
 その他の種族でお供にランク7が大量に出た場合

 これ以外のケースは戦って構いませんが、虫8の「ショックウェイブ」、鳥8の「暴風」といった強力な全体攻撃があるので、危険を感じたら逃げます。



2 街に戻るタイミング

 イスマス狩りの途中、ホークのLPを回復するために街に戻る必要があります。火の鳥を12発(LP2まで)使うと、約6%の進行度が稼げるので、86%からスタートして、92%でノースポイント、98%でアルツールというのが基本的な流れになります。
 注意点としては、ノースポイントに行く際に、修験者L2に必要な88ジュエルを確保しておくこと。足りなければ宿に泊まるだけにして、次の休憩でノースポイント→アルツール(ガラハド)のルートをとります。また、ノースポイントの休憩はLP1まで使ってからでも構いませんが(攻撃を受けて死ぬ可能性があるのでLP2からの戦闘はQS必須ですが)アルツールの休憩はガラハドとの戦闘があるのでLP2以上の状態でとります。


3 クリスタルシティ薬局での買い物

 100%到達後、技術強化の妙薬を購入することになります。運がよければ11個程度でも勝てますが、余裕を持って13個(15600金)以上は買いたいところです。この段階で売れる高額アイテムは、

 ・アイスソード
 ・シルバーフルーレ
 ・ラバーソウル
 ・スカーレットローブ
 ・その他ドロップ品

になります。スカーレットローブ残すことでサルーイン戦の短縮になる可能性がありますが、逆に2発目の空閃に耐えられなかったり、アイテムを売る時間が長くなるため、売ることにしています。
 ショップレベルの関係上、北エスタミルなどの青竜堂直営店で売ったほうが金策になりますが、上記のアイテムを全て売れば問題はないので、クリシティで売っています。
 クリスタルシティでのショップレベルの調整法として、アイスソードを売る→薬5~6個買う→ローブを売る→4個買う→その他売る→買う、という手順を取るとショップレベルを貯めやすく、売り買いのコマンドが入れやすいというテクニックもあります。


4 シフの有用性

 チャートの変更点として、5人目の体術役がシフになりました。
 ゲラ=ハに比べて腕力は劣りますが、器用さとBPが優れているという特徴があります。特にBPに関しては顕著で、ゲラ=ハが20前後であることが多いのに対し、シフは20後半~30以上あることが多いです。サルーイン戦で稲妻キックを連発したい事情から、「BP25以上=回復BP+4」を確保したいところ。この点がシフとゲラ=ハの大きな差と言えます。
 例えば、消費8の「稲妻キック」の場合、BP20からは3回しか使えませんが、BP25だと5回まで使えるようになります。
 もちろんデメリットもあり、腕力に多少の不利があることと、出現位置が固定ではないので回収に時間がかかる可能性が出てしまいます。


今回はここまで。
この区間は敵引きが全てであり、最も時間のブレやすい区間と言えます。ただ、一瞬のミスが全滅にもつながるので、低ランクが頻発してしまうことも珍しくありませんが、集中を切らさずに進めたいところです。


次回、サルーイン戦の解説を行います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sachidq4

Author:sachidq4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR