スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミンサガ グレイ 聖杯カットパターン その2

前記事の続きです。

4 ジェルトン~語り

・ジェルトン
 トマエ火山の場所を聞く。
 基本戦術は、グレイ:波動 ジャミル:サイコ ホーク:サイコ ベルト:ウェアバスターです。
 ジャミルかホークのBPが26になっている場合、(+スペル+波動)の不死特攻サイコがつかえるので短縮につながります。
・トマエ火山
 ステ忍を使ってチェインを回避。
 順調に行くと、最深部でランク7に達する場合があるので、ホークの合成を火の鳥にし、ロッド火の鳥を使うと良いです。
 目標タイムはタイラント着2:05(86%)です。

・アルツール
 アルベルト:ロザ術L2
 宿
・イスマス
 100%を目指して狩りを行います。LP状況に応じて、途中にゲラ=ハ回収とガラハド殺害、薬購入を挟みます。
・ノースポイント
 ゲラ=ハ回収
 ジャミル:ブラッドフリーズ
 アルベルト:ウインドカッター 弓力倍増 ブラッドフリーズ
 ゲラ=ハ:修験者L2(体術が欲しい)
・アルツール
 ガラハド殺害
 ゲラ=ハ:剣士L2(認定)
・クリスタルシティ
 技術強化の妙薬13~16個
 どうしても金が足りないならラバソやスカロを売ります。が、普通にやれば足ります。

 ゲラ=ハ加入後は、適度に行動順にパンチを混ぜてあげることで、サルーイン戦の火力である稲妻キックの閃きを狙っていきます。たとえ閃かなくても、低レベル技を潰したり、派生元の回し蹴りをひらめければ問題ありません。

 100%達成後、全ての装備変更を終わらせ、冥府の語りを聞きます。目標タイムは2:35→クリアタイム3:22です。


5 サルーイン戦

まずは最終的な装備、戦力から。

  グレイ
 武器:技術強化の妙薬×2~4
 防具:ヘッドバンド ボーンブレスト プロテクトリング
 隊列:前列
 合成:生命波動(+集気法+アーマーブレス)消費4
 前列+主人公で攻撃を集中させることが目的。BPが25以上あれば、死んでも波動を連発できます。行動の制限は少ないので、他人に薬を使用したり、回復にまわったりと、役割は豊富です。

  ジャミル
 武器:技術強化の妙薬×4
 防具:なんでも
 隊列:後列
 合成:クイックタイム
 QT役なので、基本的に薬→QT以外の行動は取れません。

  ホーク
 武器:炎のロッド メイジスタッフ 術士の杖 技術強化の妙薬
 防具:海人のバンダナ スカーレットローブ 翼のお守り
 隊列:中列
 合成:火の鳥(+ヘルファイア+サイコブラスト)消費6
 メイン火力。前列にしたほうがロッドの補正を強く受けられますが、死んだ場合にBPが辛くなるので中列に。それでもHP高いことが多いので頻繁にサル剣神手刺さります。死んだ場合は自分やグレイの薬を使い、鳥を連射できる態勢を取ります。柱折りに消費0の高速づきを使うのも有効。

  アルベルト
 ジャミルと同じ

  ゲラ=ハ
 武器:薬箱 技術強化の妙薬×3
 防具:ボーンブレスト 牙のお守り
 隊列:後列(中列でも可)
 ディフレクトのある第一形態は、QT役に薬。第二形態は稲妻キックを使って第三のアタッカーに。

続いて実際の戦略ですが、聖杯ありと異なり、決まったパターンには固めづらいので、プレイヤーの腕が試されるのかもしれません。勝率も下がります。基本的(理想的)なパターンを紹介します。
 

 基本パターン(第一形態)

1T目
 ホーク:鳥
 グレイ:波動
 ジャミル:癒しの水→グレイ
 アルベルト:癒しの水→ホーク
 ゲラハ:妙薬→アルベルト

2T目
 ホーク:鳥
 グレイ:波動
 ジャミル:癒しの水→グレイ
 ゲラハ:妙薬→ジャミル
 アルベルト:QT

3T目
 ホーク:鳥
 グレイ:波動
 ゲラハ:パンチ(閃き狙い)
 アルベルト:妙薬→自分
 ジャミル:QT

撃破ターンはQT役二人のBPを回復させつつ、連携を組んで形態を飛ばします。

 基本パターン(第二形態)

1T目
 ホーク:高速突き
 グレイ:波動
 ゲラハ:応急手当→グレイ
 ジャミル:QT
 アルベルト:QT

2T目以降~
 ホーク:鳥
 グレイ:波動
 ゲラハ:稲妻キック
 ジャミル:妙薬→自分
 アルベルト:QT

 火の波動キックの三連携がメイン火力。QT役の薬が切れたら、グレイの薬を使用し、火の波動キック(ジャミル)や火のガンキック(アルベルト)をねらいます。

 サルーイン戦の目標タイムは8分になります。聖杯ありに比べて+2分を見積もってよいでしょう。


以上、簡単にでしたがチャート紹介させていただきました。
タイム的に、サルーイン一発突破の前提が付きますが、聖杯あり通常チャートに比較して3~5分の短縮が望めます。
配信やツイッター等でのやりとりを通じてチャートの存在自体は以前から知っていましたが、実際にプレイしてみて、思った以上の効果がありました。サルーイン戦の勝率という面でも、戦い方さえ間違えなければ、それほど低いものとも思えません。初手でゲラハやアルベルトが狙われると負けですが、それは聖杯ありでも同じこと。第二形態で全体術ターンを引いた場合も同じです。

正直、記録狙いにおいては聖杯カットが主流になると言っても過言ではないかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sachidq4

Author:sachidq4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。