スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年内最後の

更新になるかも。
気分しだいでならないかも。

で、今回はピサロ戦の攻略になるわけですが、あらかじめ断っておきたいことがあります。


本ブログで振り返っているプレイ(12/15)のチャートと、現在使用しているチャートが異なってしまいました。

ここ最近に、とある方(おそらくみなさんご存知のまの人です。はい。)からピサロ戦に関する新戦術を教えていただいたことや、アベレージ戦に向けて練習する中でチャートに変化が生まれてしまったためです。

ですので、今回紹介するのは旧チャートにおけるものです。新戦術に関しても、ごく最近に教わり、あまりの良さに完パクしてしまったものであるため、ここで紹介することは躊躇われます。

また、旧戦術の紹介ということで、私の解説に対するモチベーションが低く、簡単な記事になってしまうと思います。その点はご容赦ください。


ではではピサロ戦攻略に入ります。

ベホマズン、ザオリクは入っていないものとしてお考え下さい。


・装備
前回のものとほとんど変わりません。
勇者 → はぐメタ剣  クリフト → 奇跡の剣  のみ変更。

あと、ドラゴンシールドをライアン、メガザルの腕輪をミネアに。

・アイテム
所持アイテム(使用可能性があるもの)はこう。
  勇者:天空の剣 世界樹の葉 魔法の聖水
アリーナ:時の砂 世界樹の葉 世界樹の雫×2 
クリフト:祈りの指輪 星のかけら
 ブライ:賢者の石 世界樹の雫


☆第一形態
3ターン毎の痛恨打撃が怖いですが、メダパニが効くので行動を封じながら殴る。
メダパニが入っていなければ単騎出し防御。

初手はスクルト&ルカニ。これは第六形態まで共通です。

 クリフト:2T目までスクルト、後、回復or打撃
 ブライ:ルカニ → ピオリム → メダパニ までは確定。あとはメダパニしつつバイキルト。


☆第二形態
同じく3ターンごとの痛恨。
こちらは防げないので、HP200位ある奴で単騎防御。

この形態の途中で一旦ピオリムが切れます。


☆第三形態

途中でピオリムを一回入れたいのと、バイキルトのかけなおし、スクルトに対するルカニなど、ブライが忙しい。
ただ、被ダメージが少ないので、回復はあまり要らず、クリフトも攻撃にまわしたり、祈りの指輪を使うチャンスでもあります。

怖い行動は、ザキ、甘い息、スクルト。

 ザキ → 葉っぱを使用
  ここと最終以外は普通に戦えば死者は出ないので、葉っぱはためらわずに使ってOK。

 甘い息 → ザメハ
  ザメハの効果は馬車に届くので、寝てる人を馬車に下げて使用しても大丈夫。
  補助呪文や回復の兼ね合いで出したままにするのも手。

 スクルト → ルカニor天空剣
  単純な時間ロスと、忙しいブライの行動を消費されられるのでかなり嫌いです。
  2段階入ってしまったらマーニャを出して、天空剣→ルカニ。


☆第四形態
おそらく最も戦い方に工夫ができる形態。オリジナリティが出ますね。

 瞑想 → 激しい炎 → いてつくはどう → 打撃 → 激しい炎 → 高熱のガス

の、1~2回行動完全ローテ。

悩むのは波動ターンをどう処理するかだと思います。

私のやり方はこうです。

※瞑想で止まった場合
勇者・ライアンの二人だしで、打撃。
勇者にバイキルト・ピオリムが入っていると、波動に先制するので、300程度のダメージが期待できます。

※激しい炎で止まった場合
ライアン・勇者・アリーナ・マーニャの四人だし。マーニャはルカニ。
後ろに打撃が入るとちょっと不運。

基本はこうです。
波動後は、波動で止まっても、打撃で止まっても、次の波動までに2ターンありますので、ピオリム→バイキルト(勇者)と入れることで、再び波動前の勇者の先制打撃を期待します。

第四形態への入り方が悪くなければ、全て2回行動だとしても、3回目の波動までには落とせる計算です。


☆第五・六形態
スクルト、ピオリムを絶対に切らさないようにすること。
ピオリム伸ばし技があるので、注意していれば切れることはありません。

ここからクリフトが猛烈に忙しくなるので、スクルト切れが怖い時や、MPがまずい時は雫の使用も可だと思います。
また、万が一ピオリムを切らしてしまった時は、雫を使わないと壊滅する恐れがあるので使います。

ここをある程度の状態で乗り切れば、最終形態で雫の個数が少なくとも、ゴリ押し→メガザル→ゴリ押し で大体なんとかなります。

HP計算をして、回復を入れてから撃破させられるようになると楽になります。

スクルトの入り方によって、並び順を ク・ブ・ゆ・ア などにすると打撃の危険度が下がります。

☆最終形態
初ターン。
ライアン・勇者・アリーナ・マーニャで、天空剣→ルカニ。
アリーナのHPによっては馬車でもいいです。
ここでルカニが入ると勝率がかなり高まります。

2T目。
ピオリムの残っているクリフトorブライで先行回復。
ルカニが入っているなら、クリフト・ブライを両方出す必要はないです。

3T目。
2T目と同じパターン。

4T目以後
ピオリムを優先させて先行ベホマラーを入れられるように。
輝く息+激しい炎をデスコンって言いますけど、本当に怖いのは波動+全体攻撃です。
前者はHP次第ですがほぼ確定で耐えられるのに対し、後者は次ターンのアリーナ雫が確定するのでダメージも入れられず、厄介です。

最後はメガザルの腕輪や馬車殴りを駆使して削りきりましょう。



では最後に今回のプレイの結果を・・・

・ピサロ戦開始 4:47:31 
・第一 
 ルカニ一発。メダパニ効かずも痛恨来ず。
・第三  
 めんどくさいのはスクルト1回、甘い息→クリフト
・第四
 行動回数は2112と普通。二回目の瞑想前に撃破。
・第五、六
 第五の入りでしずく使用。
・最終
 初ターンのルカニが入る。
 しずく2個使用。メガザル不使用で撃破。 4:59:21(11:50)

メガザル覚悟でもう少し攻めることもできたかもしれませんが、レベル30ツモのステータスで11分台の撃破ならば、私としては上々です。

で、クリアタイム 5:12:41

・戦歴
戦闘回数 237
倒した引数 280
獲得G 11089
勝利回数 133
全滅回数 3
逃走回数 101
最大ダメージ 242


書き始めてから2週間、長々とすいませんでした。
もう少し簡潔にしたかったのですが、書き始めるとあれもこれもと欲が出て書き連ねてしまいました。

次回からはアベレージ戦関連の記事になると思いますー

でわでわ、よいお年を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sachidq4

Author:sachidq4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。