BP毎の体術役の行動例

サル第2形態における体術役の行動例

このパターンがベストとも思いませんが、私の使っているパターンを紹介します。
少なくとも行動を決めておけることは、サルーイン戦の時間短縮に役立つと思います。

パンチアウトと稲妻キックの2種類の技のみのパターンですが、番人戦で閃きやすい技でもあるので、どちらも持っている状況はかなり頻度が高いかと思います。

他に使える技としてあげると以下の3種。

回し蹴り:消費4(体術Lv2)でパンチアウトと同じく、エフェクトの短さと派生(滝登り、稲妻キックに派生)で、上位互換と言える。
滝登り:稲妻キックよりやや威力は落ちるが、消費7で使える。稲妻キックに派生もする。
ジャックハマー:威力は高いが消費も9と高い。

現実的にサル戦で使う技はこの3種にパンチアウト・稲妻キックを含めて5種類と言えます。
その他の技は閃き難度や、無足・加撃(詩人がしゃべるのでロス)の関係から、閃いた時を除いて使う機会はほぼないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sachidq4

Author:sachidq4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR